読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛育病院(田町芝浦)リアル体験談ブログ

広尾から田町芝浦に移転した愛育病院で出産しました。 その際に体験した残念エピソードの数々を中心に綴るブログです。

愛育病院で帝王切開手術中に会話?

愛育病院について

私は自然分娩から緊急帝王切開になったのですが、驚いたのが執刀中の先生の言動。
まずびっくりなのが、手術中にスタッフ同士が結構会話をしているということ。
そんなのドラマの中だけかと思ってた!

帝王切開手術は下半身麻酔だったので、しゃべっている内容はまる聞こえなわけです。

「痛みに弱いのねえ」
「子宮ペラペラ!」
「これなんだろう?◯◯かな?珍しい」
「わ、胎便してる!」

 

などなど。
◯◯って何!?
めっちゃ気になるんですけど!
全身麻酔じゃないから聞こえてますよ!
痛みに弱いって私のことですよね!?

とにかく人生初めての手術で緊張しているのに、さらに不安にさせられ・・。
こちらはまな板の上の鯉状態だから、質問することもできず。
ちなみに手術終了後も先生からの説明やフォローは一切なし!

愛育病院は医師の数が多く担当医制ではないので、帝王切開の執刀がこの女医さんだったのはたまたま。

私が指名したり希望したわけではありません。
もしも違う先生だったら、もう少し発言に配慮してくれたのかなー。

私の運が悪かったってことでしょうかね・・。
一生に一度かも知れないお産なのに、とっっても後味の悪いものになってしまいました。